綺麗にする為に

お風呂を綺麗にしよう

長年使ったお風呂は、水垢汚れなど長年の使い込みが多く現れます。そのままにしていては、水垢などにより健康にも影響が出てきます。そのために清潔な新しい風呂にする必要が出てきます。その場合、風呂や浴槽自体を交換するか、コーティングにより新しく生まれ変わらせる方法の二つが、今の主流です。現在、浴槽自体を交換する場合は、その範囲をその部分を交換するのが一般的な方法のため、規模が大きく費用は高額です。業者によりますが、平均的に金額は、50万から100万程度です。一方コーティングの場合は、長年の使用により落ちた耐水性を再度塗りなおす方法をとります。これは交換よりも大がかりな作業を必要としないため、コストを抑えられます。費用は業者にもよりますが、風呂自体なら2万から3万、浴槽全体なら8万から10万程度です。

コーティングの素晴らしい特徴

お風呂をリフォームするとき、費用をあまりかけたくないのなら、コーティング作業となります。このコーティング作業は、浴槽自体をそのまま使える上、浴槽全体だけでなく、風呂のみの部分コーティングも可能だからです。それまでの風呂や浴槽を使うわけですから、コーティングの際は先に、カビや水垢などを完全に落としてから、作業をおこないます。そのためコーティング完了後は、風呂や浴槽にツヤがよみがえり、コーティングの被膜が水垢や汚れを防ぎ、こびりつきも抑えます。さらに被膜により浴槽や風呂の耐久性を長持ちさせ、老朽化を防ぎます。なにより清潔感は抜群です。注意点としては、塗料と違いカラーではないため、無色透明な色としてのコーティングとなります。